お知らせ
大幅に更新しました。
過去の運営情報を
削除しました

当サイトについて

慶應義塾大学について
の情報ページです。

過去こちらで運営の
サークルさまとは
一切関係ございません。

サーチエンジンにより
タイトルを書き換えられて
おり、皆様にご迷惑を
おかけしております。
申し訳ございません。

探してこられた方は
再度、サークル名にて
検索お願いいたします

慶應義塾大学の研究分野

慶應義塾は、伝統的な学術研究に加え、医療、産官学連携や知財活動などを
通し、これからの社会を先導するため、さまざまな分野にわたり
研究活動を推進しています。

「自我作古」:「我より古を作す(われよりいにしえをなす)」と訓み、
前人未踏の新しい分野に挑戦し、たとえ困難や試練が待ち受けていても、
それに耐えて開拓に当たるという、勇気と使命感を表した言葉で、
義塾の信条となっています。



三田・日吉キャンパス

〜未来を拓く人文・社会・自然科学分野の総合研究教育拠点〜
人文・社会科学分野の大学学部(3〜4学年中心)、
大学院(6研究科)のほか、独立した研究機関が設置されています。
日吉キャンパスには、人文・社会・自然科学分野の大学学部(1〜2学年中心)、
研究機関と大学院(3研究科)が設置されています。
この2つのキャンパスでは、総合的な研究拠点として
さまざまな研究が行われています。
(大学のHPより)


矢上キャンパス

〜科学技術の次の最先端を目指す、理工学分野を中心とする研究拠点〜
理工学部と大学院理工学研究科が設置され、科学技術分野を
中心とした研究・教育が行われています。
「創発(emerging)」を理念にかかげ、専門領域の枠にとらわれない未知の
学際領域の諸問題を、より自由に、より多面的に協同究明していきます。
最先端を学ぶのではなく最先端を自ら切り拓いていく、社会をリードして
いくことができる人材を育成することを使命と考えます。
また、先端科学技術研究センター(KLL)は、科学技術分野における
学術先導および新実業創生拠点として、2000年に大学院理工学研究科に
産官学連携の舞台として開設されました。研究連携の窓口として、
共同研究・受託研究のコーディネートをすると共に、研究契約などに
関わるきめこまかなサポートを行い、また研究成果の社会還元を促進
するために産業界との交流の場を提供するなど、慶應義塾の独創性と
国際性、総合大学としての強みを活かしたダイナミックな研究連携を
推進しています。
(大学のHPより)


信濃町キャンパス

〜基礎から臨床へ トランスレーショナルリサーチの発信拠点〜
医学部(2〜6年生)、看護医療学部(3年生)、
大学院医学研究科、大学病院等、教育、研究、診療の諸機能が
配置されています。総合医科学研究センター内には生命科学分野の
研究を推進するリサーチパークがあり、複数の異なる機関の研究者が
研究グループを構成し、生命医科学に関する共通の目標のもと、
戦略的融合研究を推進しています。臨床研究棟(2008年竣工)には、
治験やトランスレーショナルリサーチへの支援機能を有する
クリニカルリサーチセンターが設置されています。
(大学のHPより)


湘南藤沢キャンパス

〜諸科学協調による先端的研究を通じ社会の発展に寄与〜
時代の変化に即応した全く新しいコンセプトに基づく研究・教育の場を
創造することをねらいとし、慶應義塾5番目のキャンパスとして、
1990年に開設されました。総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部の
3学部に加え、21世紀の社会を担う高度な職業人を育成することをめざした、
大学院政策・メディア研究科および、看護医療学部のコンセプトを更に
拡充・発展させる形で、理系・文系の大学卒業生がともに「健康」という
大きなテーマに挑戦する大学院健康マネジメント研究科というふたつの
大学院を有しています。
10万坪もの敷地面積に高度なテクノロジーと豊かな自然が調和する未来型
キャンパスでは、研究プロジェクトを主体とした参加型カリキュラムにより、
専門的な知識やスキルの習得が実践的に行われています。
(大学のHPより)


芝共立キャンパス

〜先端的薬学研究の拠点〜
薬学部・薬学研究科は、共立薬科大学との合併により、2008年4月、
慶應義塾大学に新設された学部・研究科です。合併後も、従来と同じ
芝共立キャンパス(港区芝公園)の施設設備を使用しています。
1930年の創立以来80年近くにわたり、約13,000名の薬剤師、薬学研究者を
世に輩出してきた共立薬科大学の実績を引き継ぐととともに、
慶應義塾の総合力を融合させることにより、教育、研究、社会貢献の
それぞれのステージにおいて薬学の未来を先導し、新たな発展をめざします。
(大学のHPより)


新川崎タウンキャンパス

〜産官学地域連携を目指す、開かれた先端研究施設〜
川崎市との連携・協力により先端的な産官学共同研究を担う施設として
2000年春に開設されました。「K2」(ケイスクエア)」は、慶應義塾(K)と
川崎市(K)が協力し、2乗の効果を生み出そうという思いとその広場の意味を
表現しています。ここには、慶應義塾大学の付属先端研究機関として
「新川崎先端研究教育連携スクエア」が設置されています。 約2haの緑に
囲まれた敷地に、2階建ての研究棟4棟と厚生棟1棟があり、大学院生や
共同研究員を含め、400名近くの研究者が昼夜を問わず研究を推進しています。
(大学のHPより)


鶴岡タウンキャンパス

〜先端研究教育連携スクエア〜
2001年4月、慶應義塾は、山形県および庄内地域市町村との連携のもと、
山形県鶴岡市に慶應義塾大学鶴岡タウンキャンパス(TTCK)を設置しました。
その中核を成しているのが先端生命科学研究所(IAB)です。 IABの研究は
、キャンパスセンターとバイオラボ棟の2つの施設で行われています。
TTCKは、既存のキャンパスと密接に関係しながら、先端的な分野の研究開発を行い、
研究教育活動を進展させ、産官学の連携を促進しながら、創出した諸技術を
自治体、企業等に積極的に移転し、我が国における科学技術水準の向上と
地域振興に貢献する事を目的としています。
(大学のHPより)